中学受験をする方へのアドバイス

中学受験をする方へのアドバイス

中学受験をする場合、どのような学習をすればいいのでしょうか。
まず、小学校での基本的な学習の習得ができているか確認してください。
夏休みが訪れる前に、基礎が身についているか確認をします。
基礎がしっかりしているならば、応用問題へ進みます。

次に、受験する中学校を是非訪問してください。
オープンスクールや入試説明会、文化祭などに参加します。
ここでいろいろな受験のアドバイスがもらえるかもしれませんし、何よりも受験勉強をするやる気がグンとアップします。
名前や住所を書く機会があれば、今後の受験案内や行事の案内が送られてくることもあります。

また、中学受験をする事を決めた場合、多くの方が塾へ通うかどうか悩まれると思います。
結論から言うと、塾や家庭教師に頼った方が良いといえます。

なぜかというと、各学校ごとに試験問題の傾向が異なるからです。
現在、小学校で習う基本的な問題がだいたい習得できているとします。
この場合でも、各学校ごとに応じた試験対策を行うことは難しいでしょう。
各学校の過去問や校風など、対策は経験や知識のある塾などに頼った方がいいでしょう。

中学受験が初めての受験となる方もたくさんいると思います。
本番当日に力が発揮できるように、塾などの模試で訓練しておくことも大切です。

お知らせ